トップ / 自動車の登録手続きには

自動車の登録には

自動車の登録手続きには

自動車の移転登録に必要な委任状

自動車の所有者を変更する場合、もしくは使用者を変更する場合には管轄の陸運局で移転登録を行うことになりますが、その際には前所有者の印鑑証明と委任状、そして譲与証明書(所有者変更の場合のみ)が必要となります。この委任状には所有者の氏名と住所(住民票もしくは印鑑証明に記載されている通りに記入します)、そして車台番号の記入が必須です。押印する際の印鑑は、登録されている印鑑(印鑑証明と同じもの)を使用します。この書類が無ければ、所有者の同意が得られなかったことになりますので、全ての自動車移転登録手続きが不可能となってしまいます。

譲渡手続きは委任状が必要

自動車を譲渡された場合、陸運局に名義変更の届け出をし、新しいナンバーを作ることになります。しかし、陸運局は平日しか空いておらず、休日の対応はできません。そういった場合、第三者に依頼することが可能であり、その際には委任状があれば手続が可能となります。委任状には自動車の旧所有者と新所有者の実印と印鑑証明が必要となりますのでちょっとした手間がかかりますが、どうしても平日に時間が取れない場合は、親戚や友人、行政書士などに依頼することができるため、おすすめです。もちろん、実印や印鑑証明がなかったり、記入ミスがあれば手続はできないため注意が必要です。

↑PAGE TOP