トップ / 自動車につける一日保険の事

自動車の保険の事

自動車につける一日保険の事

自動車の一日保険とは

自動車に乗っていると、いつ、どのような事故にあうかもわからないものです。ですから、自賠責のほかにも任意保険に加入したりするものです。しかし、時々乗る程度で自分の車でないものに乗ったりすることがある場合には、一日保険に加入するのがいいでしょう。この保険というのは、ちょいのり保険といわれるものであって、東京海上の保険になります。一日あたりの保険料が500円ですが、車両保険もつけると一日あたり千円になるのです。しかし、人の自動車を運転することになったら、やはり補償の充実した保険に一日だけでも加入したほうがいいのです。

車の一日保険の上手な使い方

自動車一日保険とは、最短の1日だけ、最長の7日間の間で、保険がかけられる保険です。車両保険は、サービスによってついているものとついていないものがありますので、いろいろな保険会社の商品から選ぶとよいです。特に便利な使い方は、一日だけ息子が車を運転する場合や、人に車を貸す場合などは便利です。一方で、普通の保険と違って、等級の割引がありません。また、人身保証もついておらず、人身保証をつけたい場合は、搭乗者傷害特約か自損事故特約特約で結ぶことができます。また、いざとなったら自動車一日保険を使うとして通常の保険内容を見直して、通常の保険を安くすることもできます。

↑PAGE TOP